ビジネスに必須の名刺

ビジネスに必須の名刺

「名刺」
に関連するツイート
Twitter

今週行われたオークションでJobsたんの名刺が $6,259 だって😱落札したのはTobuさんだな😂てか誰か昔からのユーザーで名刺持ってる人いそうだな。売れば大金をゲットできるぞ pic.twitter.com/ZaIZjjMr61

Twitterわんわんおー★∪・ω・∪@charlottetown3

返信 リツイート 2分前

いつもどおり4時半に起きたし二日酔い全然ないし朝御飯つくったし(しかもお父さんの大好きな豚汁だし美味しくできたし)洗濯もしたし 強いし 名刺つくるし

Twitterもりみんぽぴこ@popikoman

返信 リツイート 3分前

萬屋ヤマダ…名刺カード欲しいなぁ… 東京の池袋ヤマダ電機か… いけないなぁ…

返信先:@nozikodesu おめでとうございます!新しいスーツとか新しい名刺入れとかやる気出るお祝いどうですかー?

駅の待合室の前で知り合い?の男女が円になって携帯触ったり喋ったりしてて着替え終わって名刺交換とかツイッターのID交換してるレイヤーってこんな感じなんかなと思ったら笑いそう

どどどどどどうしよう…! Twitterのフォロさんにあったら名刺でも差し入れでも渡しとくべきかな……!?(持ってない) コンビニに走るべきか!!?ヾ(・ω・`;)ノ

Twitterエレイン@コロプラフェス15日参戦~@dJNTrzO9BfEerGc

返信 リツイート 9分前

【我々のサービス】名刺作成サービスもしています!!!格安名刺サービスはデザインから請け負って200枚で3000円!!他より安くデザインのカスタマイズもできます^^⇒facebook.com/Synergy.House.…

TwitterSynergy house「明家り」@babasharehouse

返信 リツイート 9分前

「もったいないですよ」という言葉を多く使う人って、学歴や経歴を詐称した人間にコロッと騙されるタイプが多い。 一見、その人をちゃんと見ているようでいて、実は名刺や肩書、そして知名度でしか人間を判断していない。 つまり薄っぺらな人間が多いんですよね。

Twitterひが光司@小説宣伝垢@webnove18096995

返信 リツイート 15分前

クリスマスver.にしてみました 上条春菜・荒木比奈・ブルーナポレオンを担当をしております、まるぱそです。よろしくお願いします₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ ゲームID : 390741774 名刺ID:45d9a81474 #デレステ #デレステ名刺 pic.twitter.com/80Hyu1RRvX

TwitterまるぱそP ( '灬'o[ ブルーナポレオン ]o@Osaplam_ed

返信 リツイート 16分前

新しく名刺作ろうとデザインして、色んな人から突っ込まれたことを説明に加えたらこんな感じになった。やっぱりシンプルに作り直そう。 pic.twitter.com/4KZIufcTTM

相手に覚えてもらえる名刺作り

相手に覚えてもらえる名刺作り ビジネスマンにとって、名刺は欠かせないものの一つです。
特に営業のように外部の人たちと頻繁に接する業務に就いている場合、名刺が次のビジネスチャンスを生み出すこともあります。
すぐ相手に渡せるよう切らさず持ち歩くのはもちろんのこと、相手に覚えてもらえるようなデザインを選ぶことも重要です。
そのためにもまず、名前や会社名に加えて、連絡先は必ず記しておくようにしましょう。
電話番号は会社につながるものだけでなく、携帯電話のものも記しておくと相手からの連絡を逃しません。
メールアドレスについても、会社で使うパソコン用やスマホ用など複数明記することが大事です。
最近ではビジネスシーンでもSNSの活用が許されているため、それらのアカウント名やURLを記しておけば次につながります。
名刺といえばこれまでは白一色が標準的でしたが、最近のものは複数のカラーを使ったカラフルなものも登場しています。
あまり派手なデザインは嫌われる可能性もありますが、落ち着いた色合いであれば印象も良く相手に覚えてもらえやすくなります。
名刺に使う紙質も、重さを変えたり、木材やプラスチックといった変わった材質にすると目立たせることができます。
いずれも印刷会社のプランで確認できるので、自分を演出してくれるデザインを選びましょう。

名刺の有効的な使い方とは

全ての職業で必要なわけではありませんが、社会人にとって名刺はとても大切なものです。
たった1枚で自分の名前や連絡先、勤める会社や所属する部署まで説明できるわけですから、実際に自分のものを持っているという方も多いでしょう。
しかし、その使い方にまでしっかりと考えることは出来ているでしょうか。
有効活用できれば、もっとビジネススキルが上がることでしょう。
たとえばデザインについて考えてみます。
ビジネスという言葉を使えば堅苦しいイメージがありますが、現実的には色々な場面がありますね。
アパレル関係の現場では、カラフルに彩られたユニークな名刺を目にすることがあります。
言ってしまえば持ち主のセンスを表す自己紹介カードのようなものです。
こういった業界では、渡す相手によって名刺の種類を変えることも珍しくありません。
つまりは数種類用意しているということです。
白黒の厳格なものでなければ失礼だというわけではないのですね。
一般企業でも同じように、渡す相手が同僚や部下だった場合、何も上司や外部に渡すものと同じデザインである必要はありません。
少しの遊び心を足すことで、相手に強く印象づけたりコミュニケーションのきっかけになったりもするわけです。
自分なりの使い方を考えて、名刺に幅広い役割を持たせるのも面白いですよ。

check

吉原のソープに行く

手コキ 風俗

最終更新日:2018/6/6