ビジネスに必須の名刺

ビジネスに必須の名刺

「名刺 デザイン」
に関連するツイート
Twitter

バナーも額縁に入れるようにするとなんだか丁寧とてもいいものに見える。 でもバナーって結構難しいんです。 印刷物でいう名刺デザインに通じるものがあります。 nadas.info/posts/5014565

Twitter坂田洋子 / nada Designs@fukuoka_yocco

返信 リツイート 1分前

青山デザインカードは名刺サイズのサンプルカードを用意しています。用紙の厚さ、質感、色合いなどを是非サンプルでお確かめください。 青山デザインカード card.yorozya.net

Twitter一人総合商社 ポンセ井手@kazuide1962

返信 リツイート 4分前

RT @malindtrin: 私実はバボスコライの名刺デザインがめちゃくちゃ好きで、ついついそのデザインにめちゃ寄せた自分の名刺前に個人的に軽率に作っちゃったんだけど(データだけ)、これ「ホルマ燐漬けです!」つって挨拶と共に渡したらアカンやつですかね

返信先:@tot_tron いずれ名刺使いたいので(自分で印刷予定)片面デザインでお願いしたいんですが大丈夫でしょうか?

Twitter宵町花@煌めきの杜@kiramekito

返信 リツイート 8分前

新しい名刺が届きました。 例の写真です。めっちゃお気に入り。 デザイン@toyojuni 。ありがとう! pic.twitter.com/7dgM0DXXVC

Twitterおかりな|ocarina@ocariii7

返信 リツイート 9分前

@yulutann @Rask_137 ライブのタイトルも発表されましたし、そろそろ名刺の大まかなデザインとかやりませんか?

デザイン作成依頼ゆる募】 相方の葛望Ωがイベント等の名刺やPOP、ロゴ等のデザインを考えます。デザインのみコースと印刷までコースがあります。詳しくはDM等でお声がけ下さい。 私にその旨を伝えてくださっても構いません!葛望Ωが迎えに行きます←

TwitterElpis*夢の星籠✩໒꒱· ゚@プレ企画@starofgoddess

返信 リツイート1 17分前

RT @tot_tron: 名刺デザインしてほしい人募集 デザイン料金 片面¥1000 両面¥2000 (練習中なので安めのお値段) オシャレで目を惹く名刺を作ります!

Twitter宵町花@煌めきの杜@kiramekito

返信 リツイート 31分前

欲しいものリストの商品を私宛に1つ買っていただいてお買い上げ終了画面をスクショしてDMで送ってくださると「名刺」か「ロゴ」のデザイン(データのみ校正一回)させていただきます。何卒よろしくお願いいたします。 amazon.jp/gp/registry/wi…

Twitterをこ@発達障がい啓発ネットワーク@sakashira9

返信 リツイート 32分前

返信先:@nonbiri_100 何てゆーフォント? 名刺とかの別に読めなくてもいいとこのデザイン的に使えば…

Twitter少佐@FF14ゆに鯖-#姐博-@anfieldliv178

返信 リツイート 33分前

効果的なイラスト入り名刺

効果的なイラスト入り名刺 相手に覚えてもらえる名刺を作るために、ワンポイントとしてイラストを入れると効果的です。
文字だけのデザインと違って視覚的に印象に残りやすいため、次のチャンスにつながる可能性も大きくなります。名刺に入れるイラストとしては、なるべくおとなしめのものを選ぶようにします。派手すぎると嫌う人もいる上、ビジネスシーンでは信頼を損なう恐れもあるからです。
何かを図案化した小さめのものを一つ入れるようにすると、信頼感と同時に良い印象を与えられます。イラストのデザインについては、フリー素材などをインターネットで探してくると便利です。
ビジネスにすぐ使えるものからかわいいものまで揃っているので、用途に合わせて選べます。もし気に入ったイラストが見つからないのであれば、名刺の制作会社にデザインを依頼する方法もあります。
この方法ならプロの方によるオリジナルの図案が得られるので、自分をアピールするのにも最適です。
会社のロゴのようにずっと使い続けるものであれば、この方法のほうが望ましいでしょう。

名刺のデザインについて

名刺をデザインする時に重要なのが、レイアウトです。レイアウトのポイントには、以下のような物があります。
一つ目は、「余白」。余白とは、何もない空間のことです。初心者は余白を埋めたがりますが、上手く使うと意味が出て来ます。周囲の余白を大きくとると上品なイメージになりますし、少なくすると活動的なイメージになります。
また、強調させたい箇所の周りに余白を大きくとると、視線を引き付けることができます。
二つ目は、「整列」。名刺以外のデザインにもいえますが、整列させられる所はできる限り整列させましょう。整列のさせ方には、「左揃え」「右揃え」「中央揃え」などがあります。
三つ目は、「主役を明確にする」。氏名であれ会社名であれ、主役がどれなのかということは一目見ただけで分からなければなりません。
主役を明確にするには、上述の余白をとる方法の他、「他の要素より大きくする」「色を変える」「書体を変える」などの方法があります。