ビジネスに必須の名刺

効果的なイラスト入り名刺

効果的なイラスト入り名刺 相手に覚えてもらえる名刺を作るために、ワンポイントとしてイラストを入れると効果的です。
文字だけのデザインと違って視覚的に印象に残りやすいため、次のチャンスにつながる可能性も大きくなります。名刺に入れるイラストとしては、なるべくおとなしめのものを選ぶようにします。派手すぎると嫌う人もいる上、ビジネスシーンでは信頼を損なう恐れもあるからです。
何かを図案化した小さめのものを一つ入れるようにすると、信頼感と同時に良い印象を与えられます。イラストのデザインについては、フリー素材などをインターネットで探してくると便利です。
ビジネスにすぐ使えるものからかわいいものまで揃っているので、用途に合わせて選べます。もし気に入ったイラストが見つからないのであれば、名刺の制作会社にデザインを依頼する方法もあります。
この方法ならプロの方によるオリジナルの図案が得られるので、自分をアピールするのにも最適です。
会社のロゴのようにずっと使い続けるものであれば、この方法のほうが望ましいでしょう。

名刺のデザインについて

名刺をデザインする時に重要なのが、レイアウトです。レイアウトのポイントには、以下のような物があります。
一つ目は、「余白」。余白とは、何もない空間のことです。初心者は余白を埋めたがりますが、上手く使うと意味が出て来ます。周囲の余白を大きくとると上品なイメージになりますし、少なくすると活動的なイメージになります。
また、強調させたい箇所の周りに余白を大きくとると、視線を引き付けることができます。
二つ目は、「整列」。名刺以外のデザインにもいえますが、整列させられる所はできる限り整列させましょう。整列のさせ方には、「左揃え」「右揃え」「中央揃え」などがあります。
三つ目は、「主役を明確にする」。氏名であれ会社名であれ、主役がどれなのかということは一目見ただけで分からなければなりません。
主役を明確にするには、上述の余白をとる方法の他、「他の要素より大きくする」「色を変える」「書体を変える」などの方法があります。