ビジネスに必須の名刺

ビジネスに必須の名刺

「名刺 サイズ」
に関連するツイート
Twitter

RT @era_of_satoshi: KOKUYOのフォトアルバムを使って 「あらしかるた」を保存しました。 毎日眺められる🥰✨ 名刺入れじゃ入らないし😓 カードホルダーもちょっと無理で サイズが少し大きいけれど、背表紙が広がるのでとってもいいよ✨ 私と娘の収納完了💙❤️…

RT @era_of_satoshi: KOKUYOのフォトアルバムを使って 「あらしかるた」を保存しました。 毎日眺められる🥰✨ 名刺入れじゃ入らないし😓 カードホルダーもちょっと無理で サイズが少し大きいけれど、背表紙が広がるのでとってもいいよ✨ 私と娘の収納完了💙❤️…

RT @era_of_satoshi: KOKUYOのフォトアルバムを使って 「あらしかるた」を保存しました。 毎日眺められる🥰✨ 名刺入れじゃ入らないし😓 カードホルダーもちょっと無理で サイズが少し大きいけれど、背表紙が広がるのでとってもいいよ✨ 私と娘の収納完了💙❤️…

RT @YnaegiY: 流石にJMOFに行くのに名刺は必要だと思って、名刺用の絵を描いた。サイズ全く確認してないから、切り取るなり枠つけるなりしたら完成だー pic.twitter.com/srND5SUdgN

RT @YnaegiY: 流石にJMOFに行くのに名刺は必要だと思って、名刺用の絵を描いた。サイズ全く確認してないから、切り取るなり枠つけるなりしたら完成だー pic.twitter.com/srND5SUdgN

わんらい、名刺メーカーサイズに収めようと毎回試行錯誤しているんですけれど、これくらいの長さが一番書き易い、かつ、一応「ちゃんと書いた」って満足感があるので精神衛生に良い。 枚数貯まってきたので、自分用でdこものフォトブックにしようかなとか画策している ^^

RT @ayakanasubi: #2018年自分が選ぶ今年の4枚 ATC編。今年は名刺程のサイズの小さな紙面にぎゅぎゅっと描くのが非常に楽しい、ATC作製に目覚めた1年でした(*´-`)来年もATCで様々な表現を出して行けたらいいなあ…と夢だけは持ち続けて描いていきたいですね…

Twitterラウール(お絵描き合戦白組)@RaoulDeMontigny

返信 リツイート 36分前

1番多かったシチュのおとよりをそのうち名刺サイズssで書きます

Twitter黎👟🐚💒3日目東ユ-03a@lei_lys2323

返信 リツイート 50分前

RT @era_of_satoshi: KOKUYOのフォトアルバムを使って 「あらしかるた」を保存しました。 毎日眺められる🥰✨ 名刺入れじゃ入らないし😓 カードホルダーもちょっと無理で サイズが少し大きいけれど、背表紙が広がるのでとってもいいよ✨ 私と娘の収納完了💙❤️…

RT @era_of_satoshi: KOKUYOのフォトアルバムを使って 「あらしかるた」を保存しました。 毎日眺められる🥰✨ 名刺入れじゃ入らないし😓 カードホルダーもちょっと無理で サイズが少し大きいけれど、背表紙が広がるのでとってもいいよ✨ 私と娘の収納完了💙❤️…

名刺のサイズを変えて営業成績アップへ

名刺のサイズを変えて営業成績アップへ 名刺には様々なサイズがあります。
一般的なサイズの名刺でもPR力には問題はありませんが、他人と同じような大きさでは営業成績が伸び悩みます。
近頃営業成績がいまいちだ、と感じる方はマーケティングツールの代表である名刺を新しく変えてみましょう。
長方形のデザインが一般的ですが、サラリーマンの八割以上がそのフォーマットで制作しているため、個性的な大きさとは言いがたいです。
それならば、丸型や正方形型、ハート型や星形にしてみましょう。
一見大胆なアイデアですが、そういった個性的なシルエットにすれば、クライアントに一発で名前を覚えてもらえます。
更に名刺ケースの中で、目立つため、クライアントが数多の取引先から手に取りやすくなります。
またあまり奇抜なシルエットはちょっと、という方も角の取れた四角いデザインなら個性をアピールしながら、派手さは抑制出来ますのでオススメです。
いずれも専門の会社に頼む事でデザイン、制作してくれますので、営業系の方には嬉しいサービスとなります。

名刺を新調するなら、印刷会社にオーダーを

名刺は社会人にとって、自分の所属先を知らせるために必須な手段です。
老舗の取引先は勿論のこと、営業成績をアップさせたいなら、文字通り出会う人々全員に名刺を配布しなければいけません。
昔は氏名と会社名、所属部署などを印字したシンプルなもので十分でした。
しかし、今ではそれだけでは不十分になりました。
Eメールアドレス、営業用の携帯電話の番号、メッセンジャーアプリのID、 つぶやきが出来るSNSのアカウント名等、IT関連の情報も明記した方が、クライアントへの情報公開がスムーズに進みます。
新しくそういった情報を明記した名刺を刷りたい、そんなときはプロの印刷会社にオーダーしましょう。
個人的に名刺のプリントアウトオーダーを行っているサラリーマンの方々は、意外と多いと言われています。
なぜなら、個人で制作するよりもコストが安上がりになるためです。
また部署単位でまとまったオーダーを出せば、その分、単価が下げられます。
営業一課全員でデザインを新調したい、そんなときは激安プリントのアウトソーシングサービスにオーダーしましょう。