ビジネスに必須の名刺

名刺のサイズを変えて営業成績アップへ

名刺のサイズを変えて営業成績アップへ 名刺には様々なサイズがあります。
一般的なサイズの名刺でもPR力には問題はありませんが、他人と同じような大きさでは営業成績が伸び悩みます。
近頃営業成績がいまいちだ、と感じる方はマーケティングツールの代表である名刺を新しく変えてみましょう。
長方形のデザインが一般的ですが、サラリーマンの八割以上がそのフォーマットで制作しているため、個性的な大きさとは言いがたいです。
それならば、丸型や正方形型、ハート型や星形にしてみましょう。
一見大胆なアイデアですが、そういった個性的なシルエットにすれば、クライアントに一発で名前を覚えてもらえます。
更に名刺ケースの中で、目立つため、クライアントが数多の取引先から手に取りやすくなります。
またあまり奇抜なシルエットはちょっと、という方も角の取れた四角いデザインなら個性をアピールしながら、派手さは抑制出来ますのでオススメです。
いずれも専門の会社に頼む事でデザイン、制作してくれますので、営業系の方には嬉しいサービスとなります。

名刺を新調するなら、印刷会社にオーダーを

名刺は社会人にとって、自分の所属先を知らせるために必須な手段です。
老舗の取引先は勿論のこと、営業成績をアップさせたいなら、文字通り出会う人々全員に名刺を配布しなければいけません。
昔は氏名と会社名、所属部署などを印字したシンプルなもので十分でした。
しかし、今ではそれだけでは不十分になりました。
Eメールアドレス、営業用の携帯電話の番号、メッセンジャーアプリのID、 つぶやきが出来るSNSのアカウント名等、IT関連の情報も明記した方が、クライアントへの情報公開がスムーズに進みます。
新しくそういった情報を明記した名刺を刷りたい、そんなときはプロの印刷会社にオーダーしましょう。
個人的に名刺のプリントアウトオーダーを行っているサラリーマンの方々は、意外と多いと言われています。
なぜなら、個人で制作するよりもコストが安上がりになるためです。
また部署単位でまとまったオーダーを出せば、その分、単価が下げられます。
営業一課全員でデザインを新調したい、そんなときは激安プリントのアウトソーシングサービスにオーダーしましょう。